今時テレクラに電話する女いるんですw

先日、駅前にある某テレクラに入店した時のこと。最近はツーショットダイヤルに電話すれば自宅にいてもテレクラ体験ができるため、めっきり店舗に足を運ぶ機会は少なくなった。

しかし駅前のギラギラしたネオンを見るたびに若かりし頃のテレクラで経験した数々の女性とのセックスを思い出し、久しぶりに入ってみたくなったのだ。

ギラギラした階段を上がるとやる気のなさそうな若い店員がいる。そして免許証を見せて個室に入ると、そこには昔となんら変わらない設備が整っていた。この10年で変わったことといえばテレビが液晶になったことだろう。

待ち時間にエロDVDを見る人もいるようだが俺はひたすら電話を待つタイプだ。しかもそれほど待機しなくても女性からのコールは意外と多い。

早速ちょっと離れた場所に住むOLさんからコールがあった。少し会話をしてみるとテレクラなんかに電話してくるようなタイプには見えないが、こういうタイプの女ほど実は淫乱な女なのだ。

2、30分ほど会話をしてすっかり意気投合したが、どうやらその日は会えないとのこと。このパターンは一見サクラかと諦めがちだが、会話の感じからしてこのOLは素人に間違いないという確信があったので、そっちまで行くからちょっとお茶するだけでも、と粘ってみるとあっさりOK。やはり素人だった。

俺は道玄坂に路駐していた50ccバイクにまたがり、一路、港北へ。そう遠くはないとはいえ渋谷から港北まで原チャリで行くのは俺くらいなものだろう。

やっとの思い出到着した俺は、待ち合わせをばっくれられたりめちゃくちゃブスが出てきたらがっかりだなんて考えもしなかったが、現れたOLはめちゃくちゃ清楚なお嬢様タイプで目を疑った。

時間が無いのは本当らしいので、また会う約束をしてその日は別れることにしたが、別れ際にもったいないので試しにおまんこを触ってみるとサテンのつるつるとしたいやらしい下着がぐっしょり濡れていたのは言うまでもない。

そして、生殺し状態の俺はまた交通量の激しい道路を原チャリで渋谷まで走らせるのであった。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ